image1

CONCORDO コンコルドの歴史

創業:1908年

~複雑機能を備えたクロノグラフから世界で最も美しいドレス・ウォッチまで~

 5人のパートナーシップによって誕生したブランド、それがコンコルドである。創設日は1908年6月10日、創設地はスイス・ピエンヌだった。5人の創設者の名は、エド・ボイレット、G・クルツ、ルイス・ポール・ドロス、チャールズ・ボニー、W・E・ヒューゲニンと記録されている。第1次大戦中に流通が開始された腕時計の製作を始める以前は、鎖付きの懐中時計を主に生産するメーカーとして活躍した。またこの時期スウェーデンから導入された新素材、ステンレス・スチールを早くから時計作りに取り入れている。
 第2次大戦末期には、アメリカで最も地位の高い宝石商の指定メーカーとなり、1945年のポツダム会談では、トルーマン大統領が各国の代表者に記念品としてコンコルドを贈っている。1979年にはニューヨーク5番街のティファニーがコンコルドの販売を開始、以来変わらぬ人気を博している。
 現在宝飾時計から多機能時計までを製作する多面的なブランドに発展した。歴史とともに培った技術の集大成として「マリナー・センテナリオシリーズ」を発表。これはコロンブス新大陸発見500周年を記念したモデルだ。5つの複雑時計がセットされたハンドメイド・コレクションで3億円の値がつけられ、話題をさらった。
 コンコルドは技術と装飾を同次元でとらえるメーカーだ。顕著な例が0.98mmの薄さを誇る「デリリューム」で、これは世界一薄い時計として1991年、ギネスブックに掲載されている。
 
 「世界の腕時計 №16」より引用