image1

ショールーム開店1周年

「Curious Curio(キュリオスキュリオ)」はおかげさまで、本日、10月10日でショールーム開店1周年を迎えることができました。誠にありがとうございます。

起業してからは約6年になりますが、人生というものは、ほんの少しのきっかけで大きく変わることがあります。ここにたどり着くまでには、転機となる多くの出来事があり、多くの人との出逢いがありました。

建築の大学を卒業し、その道に就職して8年後、趣味であるヴィンテージウォッチの業界に入りたいと言った時、反対もせず、好きな道を選ばせてくれた両親、そして支えてくれた家族。この仕事のスキルを教えてくれた前職場の社長。起業へ導びき、ビジネスのノウハウを伝授してくれた先輩。私をこの業界に受け入れてくれ、いろいろなことを教えてくれた業界諸先輩方。この歳になって「挨拶がなっていない!」と叱ってくれる先輩。難しい修理もなんとかしてくれる時計修理の職人達。私の細かい要望にも応えてくれる業者の方々。良い時計を提供してくれるディーラー仲間達。お店づくりを手伝ってくれた友人。開店祝いで駆けつけてくれた友人達。友人のように楽しく話ができる常連のお客さま。そして当店をご利用頂いている全てのお客さま。本当に、本当にありがとうございます。

天職と思える仕事ができることは本当に幸せなことだとつくづく思います。天職と思う理由は、この仕事には私が好きなことがたくさん詰まっていて、それを活かすことができるからです。小学生の頃から古い時代のものが好きで、古くてつくりが良いものを見るとワクワクしていました。これは根本ですね。両親の影響もあり、絵を描いたり、何かを作ることが大好きでした。これは修理と革ベルトの製作に役立っています。小中学生の頃はプラモデルにハマり、戦場のジオラマなどを作っていました。軍用好きはここから。高校になると写真部に入り、勉強もしないで、写真撮影にあけくれていました。特にマクロ撮影が好きでしたね。この知識はホームページで大いに役立っていますね。大学は建築学科に入り、建築家がつくる椅子やインテリアに興味を持ちました。そして設計事務所に就職、これは店づくりで役立ちました。インテリアをデザインし、ヴィンテージ家具を中心に、ショーケースやカウンターは自分で設計しました。私の理想の空間で、好きなものに囲まれ、好きな人たちと仕事ができることはこの上ない喜びです。

こんな「Curious Curio」ですが、皆さまにワクワクして頂けるような、良い商品を販売していきたいと思っております。
今後とも末長く宜しくお願い致します。

2016年10月10日

店主
萩原 秀樹