image1

実物G-1を使った引き通しベルトを作ってみました!

米海軍で1940年代から長年使用されているフライトジャケット、タイプG-1。
1960年代のG-1(メーカー不明)の革を使って革ベルトを作成してみました。
現在、茨城の同業者、『Karibe』さんのアイディアで、G-1などのヴィンテージの革を使った1本用時計ケースを作る話がありまして、こちらは目下進行中。さらに、時計用の革ベルトはどうか?なんてことを話しているうちに、いてもたってもいられず、引き通しの革ベルトを作成してしまいました。

新入荷のUPもしていないのに・・・・スミマセン。

このG-1の革はなんとも言えない味わい深い表情を見せています。
幾多の戦場をくぐり抜けてきたG-1。
原皮はゴートスキン(山羊革)、柔らか過ぎず、硬すぎず、丁度いい感じです。
ヴィンテージ好き、ミリタリー好きにはたまらない・・・・かな?
このG-1自体、ボロボロで、部分的に焦げていたりと使用できる部分が少ないのですが、内側に使用している革は状態が良く、時計ベルトの素材としても使えます。

ベルトの裏側にはステンシルでシリアルNo.を表記、そして、プロダクトシートが付属します。画像にてご確認下さい。
















2012/9/30