グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代のメイン写真
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真1枚目
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真2枚目
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真3枚目
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真4枚目
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真5枚目
  • グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代の写真6枚目

グリシン エアマン パイロットウォッチ 24時間時計 1960年代

Stock No.

CW-A647

Brand

GLYCINE

Age

1960年代

Model

Pilot's Watch

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

1700/01

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

この時計は制式の軍用時計ではありませんが、ベトナム戦争時、米軍のパイロットが好んで使用していました。24時間時計で、24時間で短針が一周します。短針の後ろに出ている小さい針は、12時間表示と24時間表示の時間が同時に見られるためのものです。例えば、20時だったら後ろの小さい針は8時を示しているといった具合です。回転ベゼルを使用することで、GMT機能が使用できます。知りたい国の時間に合わせてベゼルを回すことで、2か国の時間が分かります。この時計、一つ面白い機構が付いています。それはハック(秒針規制)機能ですが、針の止め方がユニーク。なんと文字盤24時位置の2と4の間に小さい穴が開いていて、リューズを引くとそこから髪の毛ほどの太さの細いピンが出て、秒針を止めるのです。針が止まるまで最大1分掛かりますけどね(笑)。
 デザインもカッコいいですよね。各部のデザインバランスが素晴らしいです。ラグの形状もいいです。パイロットが好むのも分かります。文字盤は数種類存在しますが、この文字盤はシンプルで良いです。このモデルは偽物が多く出回っていますが、もちろん本物。風防以外はオリジナルです。デイト表記は赤いタイプです。これもいいですね。
 文字盤はマットブラックで、若干の経年変化が見られますが、肉眼ではとても綺麗に見えます。ケースは少々の小傷が見られますが、良い状態と言えます。ムーブメントの状態も良く、分解掃除後のお渡しとなりますが、現状でも1分以内で稼働しています。ベルトは正規NATOナイロンベルトを装着しています。分解掃除後のお渡し。