ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代のメイン写真
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真1枚目
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真2枚目
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真3枚目
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真4枚目
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真5枚目
  • ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代の写真6枚目

ガンカメラ用 レコーダーウォッチ イギリス空軍 Valjoux22 1940年代

Stock No.

CW-B254

Brand

No Brand

Age

1940年代

Model

For Gun Camera

Material

ニッケル

Size

径38mm

Caliber

Valjoux22

BandSize

・・・・・

税込価格

¥325,000

コメント

第二次世界大戦でイギリス空軍が使用したガンカメラ用のレコーダーウォッチです。かなりのレアモデル。なんだかよく分からないと思いますので、順に説明します。ガンカメラとは、戦闘機などに取り付けられ、偵察や攻撃の記録等を行う銃の形状をしたカメラのこと。訓練での命中判定に利用されたりします。第一次世界大戦でイギリス空軍が最初に採用し、第二次世界大戦で各国の軍が盛んに使用するようになりました。このモデルは、イギリス空軍が使用したもので、ドイツ製のMBK 1000型ガンカメラに設置されました。35mmシネカメラで、フィルムに時計が写り込むようになっています。要するに映像の中に時計が写っていて、その時の時間が分かるようになっている訳です。
ガンカメラ用の時計には様々なモデルがありますが、このモデルのスゴイところは、クロノグラフ用の機械が入っているということ。他のモデルは3針用の機械です。ムーブメントはバルジュー22がベースで、積算計はなく、3針時計の秒針にあたる針がクロノグラフ針になっているのです。リューズの中心にシングルプッシュボタンがあり、スタート、ストップ、リセットを行います。ムーブメントの中のクロノグラフブリッジ(Y字のパーツ)を見てもらうと一番良く分かると思いますが、通常、積算計の歯車が取りつく部分に石がありません。もちろん、その歯車が無いからですが、これにより、このバルジュー22がこのモデル用に作られ、組み立てられているということが分かります。

この様に特殊な時計のため、製造数はかなり少ないと思われます。資料的価値も高く、市場に出回ることはほとんどないのではないでしょうか。とにかく、貴重なモデル・・・デカリューズにデコ系ダイアル・・・・ほんと面白い時計です。

文字盤は若干の経年変化が見られますが、とても良い、綺麗な状態で残っています。ケースも特に気になるような大きな傷はありません。ムーブメントの状態は良く、日差30秒程度で稼働、クロノグラフファンクションも問題ありません。