ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションのメイン写真
  • http://curious-curio.jp/wp-content/themes/vintage-watch
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真1枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真2枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真3枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真4枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真5枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッションの写真6枚目

ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍用 Cal.15.68Z ラージクッション

Stock No.

CW-A105

Brand

LONGINES

Age

1940年代

Model

Military

Material

SS

Size

40mm×40mm

Caliber

15.68Z

BandSize

24mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

 このモデルは私のかなりのお気に入りの一つです。
 ケース形状、文字盤のデザイン、ムーブメントの性能、どこを見ても日の打ち所が無いといっても過言ではありません。横から見たフォルムのラインは美し過ぎます!
 この時計は3種類のムーブメントを使用していたんですけど、最初のモデルはキャリバー15.94でポーセリンダイアル、ケースは裏蓋をネジで固定する構造若しくはベロ付スナップバック。2番目はキャリバー15.26でポーセリンダイアル、ケースはベロ付スナップバックの構造。3番目はキャリバー15.68Zでブラックミラー塗装、ケースは2番目のものと同じベロ付スナップバック。
 この個体は3番目のもの。3番目のモデルの支給は1939年からで、裏蓋に軍当局所有を表す「MAJETEK VOJENSKE SPRAVY」とシリアル番号が刻印されました。
 最初は刻印を打たず支給されたため、1番目と2番目のモデルには原則として刻印はありません。ただし、在庫に関しては刻印を打ってから支給したようですので、刻印があるものもあります。文献によると支給総数は3000個程度と書かれていますが、5000番位のシリアル番号を見たことがあるので、その信憑性には疑問が残ります。
 コンディション的にはまあまあの状態。
 文字盤は焼けてマットな感じになっていますが、雰囲気はかなり良いです。
 ケースは小傷がありますが、特に気になる部分はないです。
 ムーブメントはさすがといったところ。日差は10秒前後で稼動。このムーブはもともと懐中時計用で、テンプが大きく、精度が出やすい機械です。
 いままで、十数個見てきましたが、稼動しているものは、同じように良い精度を保っていましたね。