ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代のメイン写真
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真1枚目
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真2枚目
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真3枚目
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真4枚目
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真5枚目
  • ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代の写真6枚目

ハミルトン USN BUSHIPS キャンティーン UDT 水中爆破チーム 1940年代

Stock No.

CW-A850

Brand

HAMILTON

Age

1940年代

Model

USN BUSHIPS

Material

メッキ/SS

Size

径31mm

Caliber

987S

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1943年に地中海で活動していた米海軍設営大隊、通称「シービーズ」の隊員から募った志願者を中心に、最初の米海軍戦闘爆破チームが編成されました。やがて、部隊は太平洋戦域にも活動を広げ、それと共に名称も水中爆破チーム「UDT」に変更されました。
UDTの任務は、強襲上陸作戦に先立って、海中や海岸から機雷や障害物を取り除くことにありました。この任務にあたる水中工作員のために、ハミルトンはキャリバー987Sを特別の防水ケースに密封した特性の防水時計を開発しました。このケースは、リューズをを密閉するためのねじ込み式保護キャップが特徴でした。深度50フィート(約15m)まで使用が可能なこの時計は、潜水工作員がエアの残量をチェックするのに使用されました。
「軍用時計のすべて」より引用。

鉛で溶着したガラスも当時のままのオリジナルで全体的のコンディションが良いです。リューズキャップ部分に少々の傷がありますが、摩耗は少なく、良い状態を維持。ケースはメッキの剥がれは見られず大変良好です。文字盤は「HAMILTON」の隠し文字が入らないタイプ。過去に1本扱っていますが、どちらかというとこのタイプの方がレアです。もちろんオリジナルです。文字盤は傷や汚れはほとんどない大変綺麗な状態です。ガラスは小傷がありますが、それほど気にならないので、とりあえずそのままの状態にしています。この小傷がカッコ良かったりしますが、ご希望により研磨致します。1週間~10日ほど頂ければ、ある程度は取り除くことが可能です(こちらを参照)。ムーブメントも大変綺麗です。ベルトは当時米軍が使用していたコットンベルトを装着。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。