IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代のメイン写真
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真1枚目
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真2枚目
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真3枚目
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真4枚目
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真5枚目
  • IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代の写真6枚目

IWC インター ミリタリー オーストラリア空軍 マーク11 1950年代

Stock No.

CW-A886

Brand

IWC

Age

1957年

Model

Mark 11

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

89

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

堅牢なつくりで人気が高いIWCのマーク11。こちらはイギリスの植民地だったオーストラリアの空軍モデルになります。裏蓋の6Bの前にGがつく「G6B」はオーストラリア空軍を表しています。イギリス軍モデルよりは数が少ないと思います。文字盤にはブロードアローと〇Tマークは入らず、「T SWISS T」表記になります。ブロードアローが入るタイプと比べ、シンプルでなかなかイイ。オーストラリア軍モデルはムーブメントにもブロードアローが入りませんが、ハック機能(秒針規制装置)はついていて、特殊モデルになります。その他のつくりはイギリス空軍モデルと変わりません。ムーブメントは2重ケース構造で、文字盤も分厚く、耐磁性能を備えています。風防は第二次世界大戦で陸軍が使用したW.W.W.シリーズの流れをくみ、傘型風防が装着されています。ツバが付いた風防で内側から挿入し、風防止めリングで固定します。防水性能の向上はもとより、ぶつかって外れるといった事故がなく、機能性が高いものとなっています。今回、イギリス国防省でストックしていたデッドストックのオリジナル風防を装着しました。立ち上がりがなく、素晴らしいフォルムです。
 文字盤はスレや汚れもほとんどなく、大変綺麗な状態です。ケースは若干のポリッシュが見られ、9時方向、ケースサイドに少々目立つ傷がありますが、概ね良好です。ムーブメントは綺麗な状態です。分解掃除後のお渡し。

このモデルの参考サイトがありましたので、リンクします。
http://www.gregsteer.net/RAAF/RAAF_Watches.htm