ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代のメイン写真
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真1枚目
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真2枚目
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真3枚目
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真4枚目
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真5枚目
  • ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代の写真6枚目

ハンハルト ミリタリー ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ 第二次世界大戦 1940年代

Stock No.

CW-A928

Brand

HANHART

Age

1941年製

Model

Chronograpf

Material

メッキ/SS

Size

径40mm

Caliber

41

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

第二次世界大戦真っただ中の1941年に製造されたハンハルトのフリーガークロノグラフです。ワンプッシュクロノムーブメントのキャリバー40の改良版であるキャリバー41を搭載。これによりフライバック機能を追加することができました。インカブロックの耐震装置付きです。同年の1941年はグラスヒュッテも同様のモデルを製造しており、非常に良く似たデザインとなっています。ケース径はこのハンハルトが40mm、チュチマが39mmでハンハルトの方が若干大きく、文字盤もハンハルトが少し大きいです。微妙な違いはあるものの、テイストはほぼ同じと言って良いでしょう。ニッケルメッキが薄くなり、下地の真鍮が現れることで薄らとゴールド掛かったケースがたまらなく良い雰囲気、現代の時計では決して味わえないテイストと言えます。2プッシャーで回転ベゼル付きのハンハルトは数が少なく、また、コンディションが良い個体が非常に少ないです。これほど良い状態のものはなかなか出てこないと思います。文字盤は若干プリントが薄くなっている部分がありますが、ほぼ完璧な状態を維持、インデックスの夜光も当時のままです。ケースは小傷はありますが、摩耗は少ない状態です。プッシャーとリューズの頭は下地の真鍮が見えていますが、これもイイ味となっています。風防はオリジナルと同型で新規作成済みです。ベルトはホーウィン社のシェルコードバン、ダークコニャックでNATO型ベルトを作成します。分解掃除後のお渡し。