ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代のメイン写真
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真1枚目
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真2枚目
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真3枚目
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真4枚目
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真5枚目
  • ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代の写真6枚目

ロータリー エアマン byグリシン パイロットウォッチ BOX・ベルト付き 1960年代

Stock No.

CW-B003

Brand

ROTARY by GLYCINE

Age

1960年代

Model

AIRMAN

Material

SS

Size

ベゼル径36mm

Caliber

1700/01

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

ロータリー社が別注したグリシンのエアマンです。かなりのレアモデルで市場に出回ることはほとんどないと思います。かなりのカッコよさです。全体的にコンディション良好で、オリジナルのBOXと革ベルト(使用感あり)が付属します。エアマンはベトナム戦争時、米軍のパイロットが好んで使用していました。24時間時計で、24時間で短針が一周します。短針の後ろに出ている小さい針は、12時間表示と24時間表示の時間が同時に見られるためのものです。例えば、20時だったら後ろの小さい針は8時を示しているといった具合です。回転ベゼルを使用することで、GMT機能が使用できます。知りたい国の時間に合わせてベゼルを回すことで、2か国の時間が分かります。この時計、一つ面白い機構が付いています。それはハック(秒針規制)機能ですが、針の止め方がユニーク。なんと文字盤24時位置の2と4の間に小さい穴が開いていて、リューズを引くとそこから髪の毛ほどの太さの細いピンが出て、秒針を止めるのです。針が止まるまで最大1分掛かりますけどね(笑)。
 デザインもカッコいいですよね。各部のデザインバランスが素晴らしいです。ラグの形状もいいです。パイロットが好むのも分かります。文字盤は目立つシミや傷もなく、大変良好な状態。ケースは少々の小傷が見られますが、良い状態と言えます。ベルトはホーウィンのシェルコードバン、バーガンディで製作したベルトを装着、純正尾錠を付けました。分解掃除後のお渡し。