オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代のメイン写真
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真1枚目
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真2枚目
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真3枚目
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真4枚目
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真5枚目
  • オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代の写真6枚目

オメガ ミリタリー オーストラリア空軍 RAAF 30mmキャリバー 1940年代

Stock No.

CW-B022

Brand

OMEGA

Age

1940年代

Model

Military RAAF

Material

SS

Size

径35mm

Caliber

30T2 SC

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

第二次世界大戦でオーストラリア空軍が使用した時計です。かなりのレアモデルで支給された本数もかなり少ないと思われます。IWC、ジャガールクルトのマーク11の前に使用されたモデルで、ケースのつくりはかなり堅牢、実際に手に取ると驚くほどです。裏蓋の形状はジャガールクルトに似ています。ラグはかなり太く、しっかりとしています。文字盤はブラックミラーにゴールドライティング。経年変化でマットっぽくなっていますが、締まった黒で、雰囲気はとても良いです。裏蓋にはR.A.A.F(ロイヤルオーストラリアン・エアフォース)と空軍を表す「6B」の前にオーストラリア軍を示す「G」が加わった「G6B」の刻印があります。「191」は支給番号で、3ケタ。恐らく1,000本まで作っていないと思います。ケースの裏蓋にはこの刻印の他に手書きで「P/N40963」とありますが、これは恐らく兵士が刻印したもので、実際に使用された形跡を残しています。一般モデルだと敬遠されやすいイングレーブですが、軍用だと逆に面白いと私は思います。資料の個体はリフィニッシュ文字盤ですが、今回の個体はオリジナル文字盤です。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。