エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代のメイン写真
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真1枚目
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真2枚目
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真3枚目
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真4枚目
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真5枚目
  • エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代の写真6枚目

エテルナ チェコスロバキア空軍 ラージクッション 1940年代

Stock No.

CW-B152

Brand

ETERNA

Age

1940年代

Model

Military Czech Air Force

Material

SS

Size

径38mm

Caliber

852S

BandSize

21mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1940年代にエテルナがチェコスロバキア空軍に納入したモデルです。文字盤はブラックミラー、ゴールドライティング。スクリューバックの防水ケースです。ラージクッションケースはアンティークではチェコスロバキア軍納入モデルの他はパネライ位しかなく、同じく、チェコ軍に納入されたロンジン、レマニアと共に大変人気が高いモデルです。このモデルは民間用もありますが、軍用は左肩に剣をクロスさせたマークがあり、裏蓋がシリアルナンバーのみの表記となっています。文字盤は数種類確認されていますが、このモデルはレイルウェイのミニッツトラックが入るタイプで、最も人気が高いタイプです。経年変化により、マット状になっていますが、均一な枯れ方でかなり渋く、カッコいいです。夜光の変色もいい感じです。なんといってもゴールドライティングとゴールドの針は抜群の雰囲気です。ケースは若干のポリッシュが見られますが、エッジはしっかりと残っています。バネ棒もオリジナルです。ムーブメントも大変綺麗な状態で、日差30秒程度です。革ベルトはホーウィンのクロムエクセル、ナチュラルで作成したNATOタイプを装着。これもいい感じです。分解掃除済みで、日差30秒程度で稼働しています。