レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代のメイン写真
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真1枚目
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真2枚目
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真3枚目
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真4枚目
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真5枚目
  • レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代の写真6枚目

レマニア Tg195 スウェーデン軍 スパイダートロピカルダイアル 1950年代

Stock No.

CW-B818

Brand

LEMANIA

Age

1958年支給

Model

Tg195

Material

SS

Size

縦38.5mm×横40mm

Caliber

2225

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

久しぶりに入荷してレマニアのTg195、今回の個体はただものではありません。なんと「スパイダートロピカルダイアル」なのです。これは、ブラックミラーダイアルが奇跡の経年変化をしてできあがるブラウンダイアルで、表面のエナメル質がひび割れて蜘蛛の巣状態になるともの。だだの経年変化でしょ?って思うかも知れませんが、これがまたカッコイイのです。スポーツロレックスのミラーダイアルでも稀に起こる現象で、それだけで価格が跳ね上がるというもの。均等に綺麗に変化している点も評価されます。裏蓋のラージスリークラウンズもしっかりと残っています。ここまで良い状態のものは少ないでしょう。写真ではこの文字盤の良さが全然伝わらないのが残念です。「Tg」とはスウェーデン語で「Tid Givare」の略、英語ですと「Giving Time」です。このモデルは、作戦進行時、ハック機能のために秒針を帰零させるプッシュボタンがあるんですけど、クロノグラフのムーブ(Cal.2220)をベースにしてるんです。ハック機能だけのためにわざわざクロノのムーブを使うというオーバースペック。軍用時計ならではの特殊モデルです。ケースはバキバキでエッジがしっかりと立っています。風防もオリジナルです。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。