ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代のメイン写真
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真1枚目
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真2枚目
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真3枚目
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真4枚目
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真5枚目
  • ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代の写真6枚目

ジラール・ペルゴ クロノグラフ バルジュー72 スクリューバック 1960年代

Stock No.

CW-A200

Brand

GIRARD-PERREGAUX

Age

1960年代

Model

Chrongraph

Material

SS

Size

径35.5mm

Caliber

Valjoux72

BandSize

17mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

 バルジュー72搭載、3レジスタークロノグラフ、スクリューバックです。比較的小振りですが、厚みがあり、ラグも太く、ガッチリした印象ですよ。ルクルトやレマニアなどでも良く見られますが、ブルースチールの夜光リーフハンドはやはり、カッコいいですね・・・とてもシャープです。
 外周の青表記のタキメーターもちょとしたアクセントになっていますね。ケースは2重蓋構造になっていて、これは、耐磁と機止めを兼ねたものです。
 同じ年代で、バルジュー72搭載モデルは、ルクルトやミネルバなどがありますが、仕上げは各メーカーで違います・・・ロレックスのデイトナは別格ですが。
 ミネルバはいい仕上げをしていますね。それらと比べるとジラール・ペルゴは、まあ、普通の仕上げというところでしょうか。良くないってことじゃないですよ、必要な部分はしっかりと面取り仕上げをしていますから。

 文字盤はオリジナル独特の照りが出ていて、いい感じです。マットシルバーですが、うっすら金色で、アンティークらしい色合いです。若干の小傷がありますが、綺麗ですよ。
 ケースは多少の小傷がありますが、エッジがしっかり残っていますよ。
 ムーブは綺麗です。ブリッジにはジラール・ペルゴの刻印がしっかりと入っています。
 耐震装置付、18000振動/時、スムーステンプ。
 クロノグラフファンクションは問題なく、帰零もスムーズ。
 精度も日差30秒程度で安定していますが、分解掃除後、お渡しします。