ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代のメイン写真
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真1枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真2枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真3枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真4枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真5枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代の写真6枚目

ハンハルト 西ドイツ空軍 タイプ417 フリーガークロノグラフ 1950年代

Stock No.

CW-B264

Brand

HANHART

Age

1957年支給

Model

Military Type417

Material

メッキ/SS

Size

径39mm

Caliber

42/51

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

第二次世界大戦後、東西に分かれたドイツですが、こちらのモデルは西ドイツ軍で初めて採用されたクロノグラフ、タイプ417です。市場にはなかなか出ないレアモデルです。1957年に支給されたとされています。裏蓋にはドイツ連邦軍の所有品を表す「Bundeseigentum」の文字とNATOコードの「12-121-5208」が刻印されています。「12」はドイツに与えられたNATO国番号です。軍のマークもなかなか良い雰囲気です。同じハンハルトムーブメントを搭載したフランス空軍のVIXAに似ていてカッコイイ。ケースは真鍮にメッキ処理が施され、裏蓋はステンレス・スチールになります。スクリューバックとスナップバック防水のモデルがありますが、こちらは後者になります。ケースは少々メッキが剥がれた部分があり、また、右上のラグが内側に少し曲がっていますが、それほど気にならないと思います。リセットプッシャーと回転ベゼルのマーカーは赤く塗装されていますが、後年に塗装されたものかと思われます。ムーブメントはフライバック機能があるキャリバー42/51を搭載。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。クロノグラフファンクションも問題ありません。