ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代のメイン写真
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真1枚目
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真2枚目
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真3枚目
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真4枚目
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真5枚目
  • ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代の写真6枚目

ハミルトン イギリス空軍 ラウンドケース Cal.S75S 後期型 1960年代

Stock No.

CW-B517

Brand

HAMILTON

Age

1967年支給

Model

6B-9614045

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

S75S

BandSize

17mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1960年代にイギリス空軍に支給されたパイロットウォッチです。このモデルには前期と後期があり、前期タイプのスペックコードは「6B-9101000」で搭載ムーブメントはキャリバー75のハック機能が付かないタイプ。そして、1967年に支給された後期タイプのスペックコードは「6B-9614045」で搭載ムーブメントはキャリバー75にハック機能を追加したキャリバーS75Sを搭載しています。「G.S.」モデルと同じキャリバーです。「9614045」はこのモデルの後に製造されたスミスのラウンドモデルにも見られ、ハック機能があるスペックコードということになります。デザイン、機能はIWCのマーク11に似ており、ハミルトン版マーク11と言っても過言ではありません。文字盤は大変綺麗な状態で、目立つ傷や汚れはありません。ケースは小傷がありますが、痩せは見られず、良い状態と言えます。ムーブメントは綺麗な状態です。ベルト取付部はパリス管(はめ殺し)でフェニックス社の正規NATOナイロンベルトを装着しました。前期タイプでも最近は見かけませんが、この後期タイプはさらにレアなモデルです。分解掃除後のお渡し。