モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代のメイン写真
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真1枚目
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真2枚目
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真3枚目
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真4枚目
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真5枚目
  • モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代の写真6枚目

モバード イギリス空軍 ウィームス Mk.7A 6B/159 第二次世界大戦 1940年代

Stock No.

CW-B524

Brand

MOVADO

Age

1940年支給

Model

WEEMS Mk.ⅦA

Material

SS

Size

径33mm

Caliber

150MN

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

とにかくレアでかっこいいウィームスが入荷しました。第二次世界大戦時にイギリス空軍は、オメガ、ロンジン、ルクルト、ゼニス、そしてこのモバードに回転ベゼルとそのベゼルを固定する機能を備えたウィームスを発注しています。秒針を止めるハック機能が時計に装備されていなくても、回転ベゼルを秒針に合わせることで、時間の経過を秒単位で読むことができます。空軍としては重要な機能です。このモデルはロンドンの宝石店が仲介に入り軍に納入されたことから、裏蓋には「ゴールドスミス&シルバースミス」の刻印が入ります。「A.M.」は空軍省(Air Ministry)を表しています。この個体の興味深い点は、文字盤にイギリス国防省で入れたと思われる5桁の数字が入っていることです。下の写真はルクルトですが、「83817」という同じ数字がプリントされています。このモバードも当時プリントされ、それ以外の部分が経年変化により焼けて、プリントが消えたことから今のような状態になっているようです。この数字がプリントされている個体は少数で、この数字の意味は不明ですが、ある特定の部隊をしめているのかも知れません。とにかく、これがまた、相当カッコよく、軍用ファンにはたまらないディテールと言えるでしょう。文字盤は若干の経年変化が見られますが、まったく気になりません。ケースは小傷がありますが、状態は良いと言えます。ムーブメントは綺麗な状態で、分解掃除済み、日差30秒以内で稼働しています。ベルト取付部はパリス管(はめ殺し)となっています。当店在庫の他の革ベルトに交換可能です。ボンクリップのバンブーブレス(別売)を付けてもいいですね。