ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代のメイン写真
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真1枚目
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真2枚目
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真3枚目
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真4枚目
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真5枚目
  • ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代の写真6枚目

ロレックス プリンス エレガンテ レクタンギュラ― クリスクロス 1930年代

Stock No.

CW-B602

Brand

ROLEX

Age

1930年代

Model

PRINCE ELEGANTE

Material

SS/YG

Size

縦30.5×横20

Caliber

H.W.8

BandSize

14mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

今ではなかなか市場で見ることができないロレックスのレクタンギュラ―「プリンス エレガンテ」です。一般的にプリンスはブランカード、レイルウェイやクラシックなどのドクターウォッチタイプで呼ばれますが、このレクタンギュラ―もちゃんと「プリンス」と呼ばれていたんです。キャリバーH.W.8、角穴車にロレックス・ウルトラプリマの刻印があり、テンプをガードするブリッジが6時側に装備されています。これがプリンスの特徴とも言うべきディテールな訳です。そして、6姿勢で精度調整されたことを意味する刻印も見られます。パーツの仕上げも素晴らしですね。1930年代製、アールデコデザイン、文字盤は光の加減で色合いが変化するクリスクロスデザイン。アプライドのバーインデックスです。若干の経年変化がありますが、オリジナル独特の照りが素晴らしい雰囲気を醸し出しています。この文字盤のレア度もかなり高いと言えます。ケースはステンレススチールとイエローゴールドのコンビ。ラグと文字盤左右のリブ、そしてリューズがイエローゴールドになっています。さりげなく配されたゴールドが上品で、高級感があります。ケースの作りは素晴らしく、なんとムーブメントはダストカバー付き、そして、このカバーにも刻印がされるという懲りよう。特許の記録が誇らしげです。上ケースと裏蓋の食いつきも素晴らしく、そのつくりの精度に驚かされます。ボンクリップのバンブーブレス付きで、全体的なテイストも抜群です。こちらの商品は委託品となりますが、当店にて分解掃除をしてお渡ししますので、当店1年間の修理保証書が付属します。