ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代のメイン写真
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真1枚目
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真2枚目
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真3枚目
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真4枚目
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真5枚目
  • ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代の写真6枚目

ジャガールクルト インドネシア陸軍 A.D.R.I ダーティ・ダース 1940年代

Stock No.

CW-B646

Brand

JAEGER-LECOULTRE

Age

1940年代

Model

W.W.W.A.D.R.I

Material

メッキ/SS

Size

径35mm

Caliber

476

BandSize

17mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

この時計、実はレアモデルなんです。こちらのモデルですがイギリス陸軍に支給された後に、インドネシア陸軍に納入されたものなのです。裏蓋の裏にA.D.R.I. (Army of the Republic of Indonesia)インドネシア陸軍の刻印があります。W.W.W.シリーズが再支給されたものとして、知られているのが、「K.N.I.L(Koninklijk Nederlands Indisch Leger)」です。これは、第二次世界大戦中に現インドネシアであるオランダ領東インド陸軍がイギリス陸軍から買い付けて使用したもので、ロンジン、IWC、ジャガールクルトなどのW.W.W.シリーズに見られます。オランダ領であった東インドは終戦後の1945年8月17日に独立を宣言し、1949年12月27日承認され、現インドネシア共和国になりました。その際にインドネシア陸軍が使用したのが、この「A.D.R.I」です。「K.N.I.L」を消して「A.D.R.I」とした個体も見られます。第二次世界大戦では旧日本軍が東インドを占領していたこともあり、歴史的な関わりとしても面白いモデルと言えます。文字盤は若干の経年変化が見られますが、プリントの剥がれもなく、綺麗な状態を維持しています。ケースはノンポリッシュで、若干、メッキが剥がれている部分が見られますが、とても良い状態です。風防はオリジナルから型取りした傘型風防を装着していますので、形状はオリジナルと同じです。ムーブメントは綺麗です。こちらは分解掃除後のお渡しとなります。