レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代のメイン写真
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真1枚目
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真2枚目
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真3枚目
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真4枚目
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真5枚目
  • レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代の写真6枚目

レマニア TG195 スウェーデン軍 初期タイプ ブラックミラーダイアル 1950年代

Stock No.

CW-B758

Brand

LEMANIA

Age

1954年支給

Model

TG195

Material

SS

Size

縦38.5mm×横40mm

Caliber

2225

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

このモデルはこれまでに何本か扱っていますが、この初期タイプは初めてとなります。Tg195は私が確認した限り、1954年、57年、58年、60年、66年にスウェーデン軍に納入されていますが、本個体は最初期の1954年に支給されたものです。すべてのモデルは基本的な設計は同じですが、文字盤にいくつかの種類があり、裏蓋の刻印の仕方が違います。この個体は他のモデルと違う点は「TG195」の「G」が大文字になっていること。他のモデルは「g」で小文字になっています。裏蓋のスリークラウンズはやや小さ目ですが、彫が深くいい感じです。「TG」とはスウェーデン語で「Tid Givare」の略、英語ですと「Giving Time」です。このモデルは、作戦進行時、ハック機能のために秒針を帰零させるプッシュボタンがありますが、クロノグラフのムーブ(Cal.2220)をベースにしています。ハック機能だけのためにわざわざクロノのムーブを使うというオーバースペック。軍用時計ならではの特殊モデルです。文字盤はミニッツトラックの外周にリタッチがありますが、文字盤自体は大変綺麗なミラーで、抜字のゴールドレターが非常に良い雰囲気です。ここまで綺麗なミラーが残っているのは稀です。ケースは小傷がありますが、気になるような大きな傷はありません。このモデルの注意点ですが、リューズを引く時は必ず、ボタンを押して引き出すようにし、リューズを直接引かないようにして下さい。ムーブメントは綺麗で、分解掃除済み、日差30秒以内で稼働しています。