オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代のメイン写真
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真1枚目
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真2枚目
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真3枚目
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真4枚目
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真5枚目
  • オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代の写真6枚目

オメガ ニュージーランド空軍 RNZAF シンアロー 6B/542 1950年代

Stock No.

CW-B910

Brand

OMEGA

Age

1956年支給

Model

RNZAF Thin Arrow

Material

SS

Size

径37mm

Caliber

283

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

ミリタリーウォッチコレクターであれば、このモデルのレア度が分かるでしょう。市場に出回ることは極めて稀なオメガのシンアロー、そして、イギリスの植民地であるニュージーランドの空軍に支給されたモデルです。1953年にイギリス空軍に支給されたRef.2777モデルは、後の夜光塗料の仕様変更に伴い、イギリス国防省によって、ファットアローダイアルに変換されました。そのオリジナルダイアルがこのシンアローです。ここ20年間で市場に出回ったことがほとんどありません。そして、このモデルのリファレンスはRef.2777-4で1956年に支給されています。支給番号が3ケタということを見ても支給された本数が非常に少ないことが分かります。文字盤は1mmほどあり、分厚いものを使用、そして、インナーケースを装備した2重構造により、耐磁性能を高めています。ケースはかなり堅牢で、ずっしりと重いです。搭載されたキャリバー283は4姿勢で精度調整されており、クロノメーターに匹敵する精度を誇っていした。文字盤はやや経年変化していますが、写真で見るよりも実物は良いです。また、若干の針スレが見られますが、レア度を考えると許容できると思います。ケースは小傷が見られますが、痩せは見られず、良い状態を維持しています。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。