IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代のメイン写真
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真1枚目
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真2枚目
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真3枚目
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真4枚目
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真5枚目
  • IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代の写真6枚目

IWC インター 南アフリカ空軍 S.A.A.F. マーク11 6B/346 1960年代

Stock No.

CW-B855

Brand

IWC

Age

1961年支給

Model

S.A.A.F. Mark11

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

89

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

かつてイギリスの植民地であった南アフリカの空軍に納入されたIWCのマーク11です。イギリス空軍モデルに比べ数が少なく、市場に出回るのは稀です。こちらは1961に支給されたもので、文字盤にブロードアロー、○Tマークはなく、「T SWISS T」表記となっています。この年代の夜光はラジウムからトリチウムに変わっているため、最初からトリチウムを表す「T」表記がある訳です。裏蓋は「S.A.A.F.(South African Air Force)」とマーク11のイギリス管理コードである「6B/346」が記載されています。マーク11が南アフリカ空軍に納入されたのは恐らく1961年のみで、シリアルも3ケタであることから支給数は1000個未満であることが予想されます。南アフリカ空軍モデルのムーブメントにはブロードアローは入りませんが、ハック機能が付いた特殊ムーブです。文字盤は1mm程度と分厚く、インナーケースを装備した耐磁仕様、風防は内側からリングで傘型風防を留める防水仕様で、スペックはさすがと言えます。文字盤は気になるような傷や汚れはなく綺麗な状態です。ケースはややポリッシュされていますが、綺麗で、レア度を考えれば許容できる範囲かと思われます。ムーブメントは状態が良く、分解掃除済みで日差30秒以内で稼働しています。