ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代のメイン写真
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真1枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真2枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真3枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真4枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真5枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真6枚目

ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代

Stock No.

CW-C002

Brand

HEUER

Age

1960年代

Model

Type1550 SG

Material

SS

Size

径43mm

Caliber

Valjoux230

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1967年になると、ハンハルト、ユンハンスに代わり、ホイヤーが制式クロノグラフを納入するようになりました。この時計はタイプ1550と呼ばれています。この1550はNATOコード「6645-12-146-3774」「6645-12-146-5081」「6645-12-148-2298」の3種類が存在します。最初のタイプは「1550 SG」で時計単体で調達、次は「1550 SGMA」、これはNATO革ベルト付きで調達され、ベルト付きを意味する「MA」が追記されました。最後は「1551 SGSZ」、ハンハルトのストップウオッチと共に調達され、「STEN ZEIT(恒星時)」の略である「SZ」が追記されました。今回のモデルは「1550 SG」で「3H」表記のない初期タイプ。「3H」表記がないものは渋くて良いですね。NATOコードの最初の「6645」の「66」は計測機器、検査機器を表すもので、そのうち、時計は「45」で規定されています。次の「12」はカントリーコードでドイツを表しています。その後の3桁、4桁の数字は軍が物資を調達する際に供給部から発行される番号で、数字が若い方が古いものとなっています。
 サービスダイアルに交換されている個体が多いですが、こちらは当時のオリジナル文字盤になります。裏蓋の「BUNDESWEHR」はドイツ連邦軍を表しています。全体的なコンディションは良好、文字盤は大変綺麗で、傷やシミは見られません。ベゼルは角の塗装が剥がれ金属が見えている状態ですが、これもまたイイ雰囲気です。若干のスレはありますが、良い状態だと思います。ムーブメントはハック、フライバック付きのバルジュー230を搭載しています。4つビス防水ケースでバケット型の裏蓋と傘型の風防の間にパッキンが入り、それを4つのビスで密着させています。防水性能、ムーブメントの機能性、共に完成度がかなり高いモデルと言えます。革ベルトはクロムエクセルのブラックを合わせています。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。