バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代のメイン写真
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真1枚目
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真2枚目
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真3枚目
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真4枚目
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真5枚目
  • バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代の写真6枚目

バルカン クリケット ファーストモデル アラームウォッチ 1940年代

Stock No.

CW-C235

Brand

VALCAIN

Age

1940年代

Model

Cricket

Material

SS

Size

径34mm

Caliber

120

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

バルカン-クリケットのファーストモデル。世界で初めてアラーム機能を搭載した腕時計で、1947年に最初のモデルが販売されました。歴代のアメリカ大統領に愛用されたことでも有名ですね。クリケットとはコオロギのことで、アラーム音がコオロギの鳴き声に似ていることから、名付けられました。操作方法も特殊で面白いモデルです。まず、ゼンマイですが、リューズを上に巻くとアラームのゼンマイ、下に巻くと時計駆動用のゼンマイが巻かれます。2時位置のボタンは2段構造になっていて、一段押すとアラームOFF(リューズが1段出ます)、もう一段押し込む(リューズが2段出ます)とリューズでアラーム針の操作が可能になります。時間を合わせる時は通常通りリューズを引いた状態で合わせますが、正方向しか回らない構造になっています。裏蓋は2重構造になっていて、共鳴することにより、音がなります。文字盤はアプライドのアラビア数字とドットの組み合わせ、面白いのはミニッツトラックの外周にアラームの分表示があること。10分単位で数字が書かれているので、アラームの時間が合わせやすいです。ブルーで表記され、機能がデザインにもなっています。文字盤は若干の小傷がありますが、肉眼では目立つものではなく、全体的に綺麗な状態です。ケースは幅のあるラグと広めのベゼルで、シンプルでありながら、なかなか良いプロポーションです。小傷も少なく、大変良い状態を維持しています。リューズもオリジナルです。ムーブメントは綺麗で、特許を取ったことを示す「BREVETS」の文字がが刻まれています。革ベルトはアラーム表記のブルーに合わせて、艶ありヌメのネイビーをチョイス。いいマッチングです。分解掃除後のお渡し。