ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代のメイン写真
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真1枚目
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真2枚目
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真3枚目
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真4枚目
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真5枚目
  • ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代の写真6枚目

ロンジン ウィームス イギリス空軍 6B/159 Mk.7A 第二次世界大戦 1940年代

Stock No.

CW-C294

Brand

LONGINES

Age

1940年支給

Model

WEEMS 6B/159

Material

SS

Size

径34mm

Caliber

12.68N

BandSize

16mm
税込価格¥680,000セール
価格
¥580,000

コメント

市場にめったに出ることがない、軍用ロンジンウィームスが入荷しました。第二次世界大戦時にイギリス空軍は、オメガ、ルクルト、ゼニス、モバードそしてこのロンジンに回転ベゼルとそのベゼルを固定する機能を備えたウィームスを発注しています。秒針を止めるハック機能が時計に装備されていなくても、回転ベゼルを秒針に合わせることで、時間の経過を秒単位で読むことができます。空軍としては重要な機能です。このモデルはロンドンの宝石店が仲介に入り軍に納入されたことから、裏蓋には「ゴールドスミス&シルバースミス」の刻印が入ります。「A.M.」は空軍省(Air Ministry)を表しています。文字盤は少々の傷、プリントの薄れが見られますが、雰囲気は良いです。ケースは裏蓋、ミドルケースともに腐食跡が見られますが、錆びは取り除いており、機能的に問題はありません。リューズ、ベゼル留めはオリジナルと同型で作成したリプロダクトタイプで、違和感はありません。ベルト取付部はパリス管(はめ殺し)で、ホーウィン社のクロムエクセル ナチュラルで作成したオープンエンド革ベルトを装着。分解掃除後のお渡し。