ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代のメイン写真
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真1枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真2枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真3枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真4枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真5枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代の写真6枚目

ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND クロノグラフ タイプ1550SG 1960年代

Stock No.

CW-C147

Brand

HEUER

Age

1960年代

Model

Type1550 SG

Material

SS

Size

径43mm

Caliber

Valjoux230

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

海外でも評価が高く、年々価格が上がっているモデルです。ケース径43mmと迫力があります。1967年になると、ハンハルト、ユンハンスに代わり、ホイヤーが制式クロノグラフを納入するようになりました。この時計はタイプ1550と呼ばれています。この1550はNATOコード「6645-12-146-3774」「6645-12-146-5081」「6645-12-148-2298」の3種類が存在します。最初のタイプは「1550 SG」で時計単体で調達、次は「1550 SGMA」、これはNATO革ベルト付きで調達され、ベルト付きを意味する「MA」が追記されました。最後は「1551 SGSZ」、ハンハルトのストップウオッチと共に調達され、「STEN ZEIT(恒星時)」の略である「SZ」が追記されました。今回のモデルは「1550 SG」で「3H」表記タイプ。3Hは三重水素のことで、トリチウムの別名です。数種類の文字盤が存在します。サービスダイアルに交換されている個体が多いですが、こちらは当時のオリジナル文字盤になります。裏蓋の「BUNDESWEHR」はドイツ連邦軍を表しています。一般的には「BUNDESWEHR」が多く存在しますが、それを略した「BUND」や「BW」表記もあります。文字盤は針に付根付近に微細な変色が見られますが、気になるほどではなく、綺麗な状態です。ベゼルは外周に角がすれて下地が見えている状態ですが、この位の方がカッコイイです。ケースは小傷があり、裏側に微細な腐食跡がありますが、こちらもそれほど気になりません。ムーブメントはハック、フライバック付きのバルジュー230を搭載しています。4つビス防水ケースでバケット型の裏蓋と傘型の風防の間にパッキンが入り、それを4つのビスで密着させています。防水性能、ムーブメントの機能性、共に完成度がかなり高いモデルと言えます。分解掃除後のお渡し。