レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代のメイン写真
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真1枚目
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真2枚目
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真3枚目
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真4枚目
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真5枚目
  • レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代の写真6枚目

レオニダス イタリア陸軍 E.I. ヘリコプターパイロット用 バルジュー222 1960年代

Stock No.

CW-C488

Brand

LEONIDAS

Age

1960年代

Model

E.I. Chronograph

Material

SS

Size

ベゼル径43.5mm

Caliber

Valjoux222

BandSize

20mm

税込価格

¥880,000

コメント

1960年代中頃にドイツ空軍、イタリア空軍、陸軍に納入されたモデルです。こちらの個体は、イタリア陸軍のヘリコプターパイロットに支給されたもので、裏蓋にはイタリア軍を表す「E.I.(Esercito Italiano)」の文字とシリアルナンバーが刻印されています。その他の刻印としては、ドイツ空軍の「BUNDESWEHR」とイタリア空軍の「 A.M.I(Aeoronautica Militare Italiana)TIPO CP-1」が存在します。このモデルの後継機として、ドイツ軍ではホイヤーとジン、イタリア軍ではゼニスのクロノグラフがあります。興味深いのは搭載キャリバーです。バルジュー22にフライバックを追加したキャリバー222なのですが、これにハック機能(秒針規制)が追加されたものが搭載されています。キャリバー222は、フランス空軍モデルのタイプ20(ブレゲ、ドダンヌ、エイラン)にも搭載されていますが、ハック機能は付いていません。そもそもクロノグラフのムーブメントにフライバックとハックが両方付いているものはほとんどなく、ドイツ軍の後継機であるホイヤーとジンに搭載されているキャリバー230くらいなのです。軍用時計ならでは機能でこれだけみても面白いです。文字盤は外周のミニッツスケールに若干の剥がれが見られるほかは良い状態を維持しています。ケースは小傷がありますが、エッジが残った良い状態です。ベゼルは小傷があり、外周に塗装の剥がれが見られますが、味わいがあり、逆にカッコイイです。仕入れ先のディーラー曰く、実際にイタリア陸軍のヘリコプターパイロットをしていた方から譲ってもらったとの事です。なかなかのモデルです。分解掃除後のお渡し。