オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代のメイン写真
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真1枚目
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真2枚目
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真3枚目
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真4枚目
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真5枚目
  • オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代の写真6枚目

オメガ ネプチューントライデントハンド PG/SS 1940年代

Stock No.

CW-C580

Brand

OMEGA

Age

1940年代

Model

Neptune's Trident

Material

PG/SS

Size

径30.5mm

Caliber

23.4 SC T1

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

幻級と言っても過言ではない、ネプチューントライデントハンドを有するモデルです。ネプチューンはローマ神話の神、ギリシャ神話でいうポセイドンです。そのネプチューンの「トライデント(三叉の槍)」をモチーフとした針となっています。長針の方も槍型をしています。ここまで繊細な針デザインは他にはないのではないでしょうか。この針と装備するモデルはスモールセコンド、センターセコンドを含め、幾つかのバリエーションがありますが、間違いなく、このデザインが緻密でカッコイイです。インデックスは抜字で、ドット部分は立体感があるエンボス仕様となっています。経年変化により2トーンに見えますが、もともと3トーンダイアルで、シャンパンゴールド、カッパー、ブラックを絶妙な配色で構成されています。文字盤は表面のエナメル質にひび割れが見られ、また変色も見られますが、雰囲気は抜群に良く、オーラが感じられます。長短針はカッパーカラー、秒針はブルースチールとなっています。ケースはステンレススチールをベースにピンクゴールドのベゼル装備し、これがまたアクセントとなっていると共に特別感が感じられます。ケースは初期のスクリューバックケースで、裏蓋のデザインもいいでね。裏蓋に「300」の数字が見らますが、ラグ裏にもこの刻印があり、右上のラグに「3」、左上のラグに「00」が刻印されています。リューズは社外品が装着されています。搭載ムーブメントは1941年に製造が開始されたキャリバー23.4 SC T1を搭載。1936年にオメガで初めて作られたセンターセコンドムーブメントであるキャリバー23.4 SCの改良版になっています。ボーイズサイズで小さ目の時計ですが、このサイズでこそ良さが伝わるデザインであると感じます。この凝縮感がたまらないです。とにかく、レアで抜群のデザインを有するこのモデル。オメガファンでなくても手に入れたい逸品です。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。