IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代のメイン写真
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真1枚目
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真2枚目
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真3枚目
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真4枚目
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真5枚目
  • IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代の写真6枚目

IWC インター イギリス空軍 マーク11 6B/346 1950年代

Stock No.

CW-C635

Brand

IWC

Age

1951年支給

Model

Mark11 6B/346

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

89

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

軍用時計好きなら一度は手にしたいモデル、高級ブランドのIWCが製造した軍用時計。1940年代後期から60年代初期まで、イギリス軍、南アフリカ軍、オーストラリア、ニュージーランドのどの空軍パイロット用に納入されたモデルです。こちらのモデルはイギリス空軍用です。この個体は1951年に納入されたモデル。ムーブメントシリアルからも1951年に製造されたことが分かります。マーク11と言えば、耐磁性を備えたスペシャルピース、ケースはムーブメントが磁気帯びしないよう2重構造になっていて、インナーケースにムーブメントが納まっています。文字盤は1mm近くもあり、一般の時計と比べかなり厚くつくられています。防水に対しても配慮されており、スクリュー式の裏蓋、防水型リューズ、そして、W.W.W.シリーズでも採用されている傘型風防を装備。魅力的なのはこの堅牢なケースだけではありません。ムーブメントは、一般的なキャリバー89にハック(秒針規制)機能を加え、ブロードアローが刻印されています。要するに、軍に納品するために、わざわざ改良を加えているということです。文字盤は経年変化によりややグレー掛かっていますが、気になるほどではなく、雰囲気は素晴らしく良いです。1950年当時はまだ夜光塗料にラジウムを使用していました。その後、夜光の仕様がトリチウムに変わった時に○Tマークをイギリス国防省の時計工房にて入れています。○Tマークだけが、他のプリントの感じが違うのはこのためです。ケースは小傷がありますが、意図的なポリッシュは見られず、痩せが少ない良好な状態です。風防はオリジナルと同型で作成した風防を装着していますので、形状はオリジナルと同じです。価格が高騰してきているマーク11、早めに手に入れた方が良いかも知れません。分解掃除後のお渡し。