ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代のメイン写真 ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代は現在商談中です。
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真1枚目
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真2枚目
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真3枚目
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真4枚目
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真5枚目
  • ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代の写真6枚目

ロンジン リンドバーグ アワーアングルウォッチ レバー式 1940年代

Stock No.

CW-C378

Brand

LONGINES

Age

1940年代

Model

Limdbergh

Material

SS

Size

径33mm

Caliber

12L

BandSize

16mm

税込価格

¥1,980,000

コメント

1927年にチャールズ・リンドバーグはスピリット・オブ・セントルイス号に乗り、単独大西洋無着陸横断飛行に挑みました。ニューヨーク、パリ間を3時間半でその飛行は大成功に終わりました。この飛行で腕に着けられていたのが、ロンジンの航空時計だったのです。正確に時を刻み、飛行中の現在地や燃料計算において活躍しました。その後、リンドバーグはロンジンに航空時計のコンサルタントとして迎えられ、多くのパイロットウォッチを生み出していきました。この時計はリンドバーグが改良を重ねて作り出したパイロットウォッチの一つです。これまでは、飛行服の上からはめる大型のものでしたが、小型化し実用性が高くなりました。
 シルバー製の回転ベゼルには青いエナメルで15のメモリが刻まれています。このベゼルの不用意な回転を防ぐのが6時位置に設置されたレバー。スプリングの力でこのレバーによりベゼルを押さえているのです。中心には回転盤があり、2時位置のリューズを操作することで回転するようになっています。飛行中に速度や距離を測るために付けられているものです。
 文字盤は少々の経年変化が見られますが、プリントがしっかりと残っており、独特の照りもイイ感じです。ブルースチールのリーフハンドは若干の変色が見られますが、しっかりと青色が残っています。ケースは小傷がありますが、目立つ大きな傷はありません。インナーレジスターを操作するリューズの頭のステンレスが少々剥がれています。裏蓋のイングレービングがカッコイイ。ムーブメントはキャリバー12L(12.68N)を搭載、リンドバーグ用に改良されたムーブメントです。こちらも良い状態を維持しています。
 機能を追求して生まれた時計ですが、そのデザインの素晴らしさは圧巻。重みもあり、かなりオーラがあります。歴史的名機を逃す手はありません。分解掃除後のお渡し。