オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代のメイン写真
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真1枚目
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真2枚目
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真3枚目
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真4枚目
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真5枚目
  • オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代の写真6枚目

オメガ クロノグラフ キャリバー28.9 CHRO T3 防水ケース 1940年代

Stock No.

CW-C799

Brand

OMEGA

Age

1940年代

Model

Chronograph

Material

SS

Size

径32.5mm

Caliber

28.9 CHRO T3

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1932年に初めて製造されたキャリバー28.9 CHRO。モノプッシャーから始まり、2プッシャーに改良が加えられました。このモデルは1938年に製造が開始された、防水ケース用のキャリバー28.9 CHRO T3です。非防水ケースと防水ケースではムーブメントをケースに固定する機止めの方法が違うため、「T2」から機止め用の切り欠きを入れたのが「T3」になります。ただでさえ、少ない28.9 CHROモデルですが、防水ケースタイプは滅多に市場に出回らない超レアモデルです。文字盤のデザインもスパイラルタキメーター等、クラシックでイイ感じです。ケースはティソやレマニアの同系モデルでも見られるスナップバック防水ケースで、デカプッシャー、デカリューズ、ステップベゼルなど、役物ディテールが満載です。33.3防水ケースもカッコイイですが、凝縮された28.9防水ケースもかなりイイですね。文字盤は少々の経年変化が見られますが、とても雰囲気は良いです。針はブルースチールで青色がしっかりと残っています。ケースは小傷はあるものの、目立つ大きな傷はなく、エッジもしっかりと残っています。ムーブメントは良い状態で、分解掃除済み、日差30秒程度で稼働しています。