レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代のメイン写真
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真1枚目
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真2枚目
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真3枚目
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真4枚目
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真5枚目
  • レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代の写真6枚目

レマニア クロノグラフ Cal.15TL スパイラルタキメーター ニアミント 1940年代

Stock No.

CW-C922

Brand

LEMANIA

Age

1940年代

Model

Chronograph

Material

SS

Size

径37mm

Caliber

15TL

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

これはヤバいです。今や雲上クロノグラフになりつつあるオメガのCal.33.3クロノのベースムーブメントであるレマニアのCal.15TL搭載モデル。文字盤違いで数種類のモデルが存在しますが、このモデルはもっとも複雑系ダイアルで、圧倒的な人気を誇ります。ケース径37mmと当時としては大型のクロノグラフで、ステップベゼル、コブラハンド、何といっても文字盤中央のスパイラルタキメーターが魅力です。この表記があるだけで、他社ブランド含め、価格が高騰します。そして、使用感がほとんどない、ニアミントコンディションなのです。文字盤は目立つ傷や汚れはなく、非常に綺麗な状態です。インデックス、針の夜光も当時のラジウムのままです。ケースはスレ程度で痩せがなく、しっかりとエッジが立っています。ムーブメントも綺麗な状態を維持しています。革ベルトはホーウィン社のシェルコードバン、バーボンを使用して作成したものを装着。高級感があります。奇跡的な状態を誇るこの個体。近年、価格が高騰し、高価と思われるかも知れませんが、このモデルでこのコンディションは、今後の入手が不可能と言って過言はありません。思い切っていっちゃって後悔無しです。分解掃除後のお渡し。