アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代のメイン写真
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真1枚目
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真2枚目
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真3枚目
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真4枚目
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真5枚目
  • アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代の写真6枚目

アウリコスト フランス空軍 タイプ20 クロノグラフ SSケース 1950年代

Stock No.

CW-D008

Brand

J.AURICOSTE

Age

1950年代

Model

Type20

Material

SS

Size

径38mm

Caliber

2040

BandSize

18mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

フランス海軍と長い関係をもつアウリコスト。フランス空軍に納入されたアウリコストのタイプ20はメッキケースにマットブラックダイアルの組み合わせになりますが、こちらは、ステンレススチールケースにブラックミラーダイアルになります。通常タイプは、生産期間は1954年8月から1955年3月までで、生産個数は2000個程度だと言われていますが、こちらは100個~200個程度と言われており、幻級のモデルです。プロトタイプでこの初期ロットは関係者に配られ、支給タイプはコストダウンされ、仕様が変わったとも言われています。興味深いのは、裏蓋に「CEV(フランス空軍飛行テストセンター支給)」の刻印があること。これまでSSケースモデルは数個見ましたが、CEVの刻印があるものはこれしか見たことがありません。手書きっぽいところが、逆に信憑性があります。文字盤は抜字のブラックミラーにゴールドレターで、経年変化により少々ブラウン化しており、また、若干の小傷が見られますが、雰囲気は良いです。このモデルの搭載されているムーブメントはCal.2040(レマニアの15TL)ですが、タイプ20のスペックであるフライバック機能が追加されています。ケースは多少の小傷は見られますが、全体的に綺麗です。ムーブメントは耐震装置付き、綺麗な状態で、クロノグラフファンクション、フライバック機能も問題ありません。分解掃除後のお渡し。