ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代のメイン写真
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真1枚目
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真2枚目
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真3枚目
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真4枚目
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真5枚目
  • ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代の写真6枚目

ロンジン チェコスロバキア空軍 セカンドモデル 第二次世界大戦 1930年代

Stock No.

CW-C882

Brand

LONGINES

Age

1939年

Model

CZECH AIR FORCE

Material

SS

Size

径41mm

Caliber

15.26

BandSize

24mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

第二次世界大戦が始まった1939年に製造されたチェコスロバキア空軍用の時計です。時計を構成するすべての要素に対し、素晴らしいと言うしかないモデルです。このロンジンのラージクッションシリーズはいくつかのバリエーションがあります。ムーブメントは3種類、初期はCal.15.94、続いてCal.15.26、最後に15.68Zです。これらのムーブメントはすべて粒金仕上げとなっています。文字盤も3種類あり、初期のポーセリン、そしてエナメル、最後にスチールです。ちなみにケースは2種類、初期のビス止めスナップ式と後期のベロ付きスナップ式です。今回の個体はCal.15.26のエナメルダイアルになります。このタイプが一番レアで、市場に出回るのは極めて稀なため、製造数もかなり少ないと思われます。針はコブラハンドのイメージが強い同モデルですが、エナメルダイアルにはペンシルハンドがつきます。透明感があるエナメルのブラックミラーにゴールドライティング、そしてペンシルハンド・・・他のタイプとはまったく別の時計とう印象です。軍用時計好きでなくても惚れ惚れしてしまうでしょう。文字盤は惜しいことに7時と8時の間にクラックがあります。光の加減で見えるかどうかといったところで、目立つものではありません。ケースは小傷も少なく、使用感をそれほど感じさせない状態、ベゼルの回転もスムーズです。もともと懐中時計用のムーブメントで、テンプも大きく、非常に良い精度が出る機械です。文字盤にクラックがなければ100万円程度する個体ですので、クラックをあまり気にしない方には良いかと思います。分解掃除後のお渡し。