ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代のメイン写真 ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代は現在商談中です。
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真1枚目
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真2枚目
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真3枚目
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真4枚目
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真5枚目
  • ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代の写真6枚目

ドリバ クロノグラフ Cal.バルジュー22 フレキシブルラグ 1940年代

Stock No.

CW-D091

Brand

DRIVA

Age

1940年代

Model

Chronograph

Material

SS

Size

径35mm

Caliber

Valjoux22

BandSize

17mm

税込価格

¥580,000

コメント

スイスの時計メーカー、ドリバのクロノグラフです。とてもクラシックなデザインで雰囲気は抜群です。文字盤はパウダーホワイト、外周には赤でテレメーター、中央には青でタキメーターを表示。インデックスはアラビア数字とドットの組み合わせでドット部分は文字盤を彫り込んで夜光を乗せています。文字盤は若干の経年変化が見られますが、目立つ傷がないとても良い状態です。インデックス、針の夜光は当時のラジウムのままです。針はすべてブルースチールで、綺麗な青色をしています。ケースはステンレススチールのフレキシブルラグで手首にフィットします。小傷は見られますが、ラグのガタツキもなく、良い状態です。良く見ると、ベゼルはステップになっています。このあたりのディテールも良いですね。ムーブメントは名機、バルジュー社のキャリバー22を搭載。文字盤にも表記があるようにインカブロックの耐震装置付きとなっています。インカブロックは1930年代の終わりに開発され、1940年代の半ば頃には一般的に装備されるようになりましたが、このようなデザインのモデルで耐震装置が付くのは珍しく、この点もポイント高いです。分解掃除後のお渡し。