レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代のメイン写真
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真1枚目
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真2枚目
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真3枚目
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真4枚目
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真5枚目
  • レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代の写真6枚目

レマニア スウェーデン空軍 Tg195 ブラックミラーダイアル 1950年代

Stock No.

CW-D069

Brand

LEMANIA

Age

1957年支給

Model

Tg195

Material

SS

Size

縦38.5mm×横40mm

Caliber

2225

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

やはり、いつ見てもカッコいいと思ってしまうこのこのモデル。他ではあまり見られないボリュームの3針モデル、ブラックミラーダイアル、さらにハックの特殊機構が魅力的です。裏蓋はラージサイズのスリークラウンズ・・・この表記は迫力があります。スウェーデン軍モデルにはこの他、レマニアのクロノグラフ、エクセルシオパーク、ストックホルム、キャンディーノ等ありますが、ラージスリークラウンズ表記はこのTg195のみ。「Tg」とはスウェーデン語で「Tid Givare」の略、英語ですと「Giving Time」です。このモデルは、作戦進行時、ハック機能のために秒針を帰零させるプッシュボタンがあるのですが、クロノグラフのムーブ(Cal.2220)をベースにしています。ハック機能だけのためにわざわざクロノのムーブを使うというオーバースペック。軍用時計ならではの特殊モデルです。文字盤はブラックミラー、抜字のゴールドレターで、若干の経年変化が見られ、インデックスの周囲がやや荒れていますが、気にならないレベルかと思います。ケースは小傷が少なく、エッジがしっかりと立っており、非常に良い状態です。支給年である「57」とシリアル番号もしっかりと確認できます。ムーブメントは綺麗な状態で、ハック機能も問題ありません。このモデルの注意点ですが、リューズを引く時は必ず、ボタンを押して引き出すようにし、リューズを直接引かないようにして下さい。ベルト取り付け部はパリス管(はめ殺し)でオープンエンドタイプのクロムエクセル(オリーブ)を装着。分解掃除済みに日差30秒程度で稼働しています。