ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代のメイン写真 ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代は現在商談中です。
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真1枚目
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真2枚目
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真3枚目
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真4枚目
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真5枚目
  • ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代の写真6枚目

ブライトリング カナダ空軍 D.N.D. クロノグラフ Cal.バルジュー236 1960年代

Stock No.

CW-D200

Brand

BREITRING

Age

1967年支給

Model

D.N.D.

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

Valjoux236

BandSize

18mm

税込価格

¥880,000

コメント

1966年から78年まで、カナダ軍は数回に渡り、ブライトリングからワンプッシュクロノグラフを調達しています。書籍によると、製造数は1100個から1200個で、1990年代初期に、ラジウム夜光を使用した個体を700個処分しているようです。これが事実だとすれば、残っている個体は400個から500個ということになり、大変な稀少モデルと言えます。市場で見かけることはほとんどなく、当店でも取り扱うのは初めてで、入手はかなり難しいです。裏蓋に刻印されている「D.N.D.」は「国防総省(The Department of National Defence)」を意味しています。この刻印があるのはブライトリングのみで、他のオメガ、ロダニア、キャンディーノ、ウィットナーなどは「RCAF(Royal Canadian Air Foece)」または「RCN(Royal Canadian Navy)」となります。「6645/21/802/1267」はNATOストックナンバーで、「21」はカナダを表しています。刻印はそのパターンから5種類(5世代)存在し、製造ロットで変わってきます。今回の個体は第一世代のものとなります。ムーブメントはバルジュー23若しくはバルジュー236を装備しています。キャリバー236は23をベースに6振動(21,600振動/時)と高振動化したもので、より高い精度を出せるムーブメントとなっています。また、カナダ軍の仕様でもあるハック(秒針規制)機能が付いているレアキャリバーです。ハック機能があることで、ワンプッシュながら、2プッシュと同じ使い方が可能になります。文字盤は外周に少々の経年変化が見られますが、ダメージは少なく、それほど気にならないかと思います。ケースは少々のオープナー傷が見られますが、エッジが残った良い状態です。ムーブメントは綺麗な状態で、クロノグラフブリッジにブライトリングの刻印があります。インカブロックの耐震装置付きとなっています。分解掃除後のお渡し。