ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代のメイン写真 ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代は現在商談中です。
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真1枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真2枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真3枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真4枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真5枚目
  • ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代の写真6枚目

ハンハルト 西ドイツ空軍 フリーガークロノグラフ タイプ417ES 1950年代

Stock No.

CW-D387

Brand

HANHART

Age

1950年代

Model

Type 417ES

Material

SS

Size

径38.5mm

Caliber

42/51

BandSize

20mm

税込価格

¥980,000

コメント

1950年代にハンハルトが製造したフリーガークロノグラフです。フライバック付きのクロノグラフで、製造数は少なくあまり市場では見られません。1954年にフランス軍で採用されたVIXAにデザインが良く似ています。1957年には西ドイツ軍の制式時計として採用され、空軍、海軍のパイロットが使用しました。タイプ417は真鍮/メッキケースの「417E」とステンレススチールケースの「417ES」があり、文字盤も数種類存在しています。プッシャーは両モデルともに、真鍮にメッキされたものとなっています。このオリジナルのプッシャーが残っていることは貴重です。裏蓋にはNATOコードがマーキングされています。「12」は西ドイツに割り当てられたコードです。3時側のケースサイドには、このNATOコードの6645とシリアルナンバーらしき数字が手で刻印されています。一般的にはマイナスポイントになるところですが、実際に使用された感があり、軍用ということでは、なかなかのカッコよさがあると感じます。この417ESはアメリカの俳優で、映画「栄光のル・マン」でも有名なスティーブ・マックイーンが愛用したモデルとしても知られています。文字盤はブラックマットにホワイトレターで、抜群のコンディションを保っています。ケースもエッジが残った良い状態です。プッシャーはメッキが薄くなっている部分がありますが、見苦しさはありません。ムーブメントは綺麗な状態で、フライバックともにクロノグラフファンクションは問題ありません。かなりの稀少モデルです。分解掃除後のお渡し。