ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代のメイン写真
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真1枚目
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真2枚目
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真3枚目
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真4枚目
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真5枚目
  • ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代の写真6枚目

ロンジン 航空自衛隊 センターミニッツ・ストップセコンド パイロットウォッチ 1950年代

Stock No.

CW-D442

Brand

LONGINES

Age

1954年製

Model

Japanese Air Force

Material

SS

Size

径47mm

Caliber

12.68Z

BandSize

25mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

太平洋戦争が終結し、1950年代になると日本国憲法第9条に基づき自衛隊が組織されました。このモデルは航空自衛隊及び海上自衛隊に最初に支給されたモデルです。裏蓋に「航空自衛隊」の文字とシリアルナンバーが刻印されています。製造数はかなり少ないと思われ、市場に出回ることは滅多にないオークションピースです。径47mmの大型腕時計で、飛行服の上から装着しました。ムーブメントは、センターミニッツカウンターを装備したストップセコンドで、常に5本の針が稼働、2時位置のボタンを押すことで、クロノグラフ針と60分積算計が帰零します。ボタンを離すと再稼働する仕組みです。また、ボタンを半押しすることで、一時的にストップすることができます。すり鉢状の回転ベゼルがとてつもなくカッコイイです。文字盤は少々の経年変化が見られますが、目立つ傷や汚れはありません。インデックス、針の夜光は当時のラジウムのままです。ケースは少々の小傷がありますが、気になるような大きな傷はなく、良い状態です。ムーブメントは綺麗で、クロノグラフファンクションも問題ありません。分解掃除後のお渡し。