レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代のメイン写真
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真1枚目
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真2枚目
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真3枚目
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真4枚目
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真5枚目
  • レオニダス イタリア空軍 A.M.I.  TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代の写真6枚目

レオニダス イタリア空軍 A.M.I. TIPO-CP1 Cal.Valjoux222 1960年代

Stock No.

CW-D979

Brand

LEONIDAS

Age

1960年代

Model

A.M.I. TIPO-CP1

Material

SS

Size

径38.5mm

Caliber

Valjoux222

BandSize

20mm

税込価格

¥1,980,000

コメント

1960年代にイタリア軍に納入されたパイロットクロノグラフには、ブライトリングやレオニダスが製造したやや小ぶりの「TIPO CP-1」とゼニスやユニバーサルが製造した大型の「TIPO CP-2」がありますが、こちらのモデルは非常に珍しい初期型のTIPO CP-1になります。裏蓋には、イタリア空軍を示す、「A.M.I(Aeoronautica Militare Italiana)」の文字が刻印されています。文字盤はブラックミラーダイアルにホワイトプリントレター、ケースはベイクライトベゼルのクラムシェルケースです。分厚いベゼルで、文字盤位置が低いので奥行きがあり、この立体感が非常にカッコイイです。文字盤は、部分的にブラウンチェンジしており、ややムラ感がありますが、雰囲気はとても良いです。文字盤は少々の経年変化と11時位置にやや目立つ傷があります。ケースは小傷がありますが、意図的なポリッシュはされておらず、良い状態です。興味深いのは搭載キャリバーです。バルジュー22にフライバックを追加したキャリバー222なのですが、これにハック機能(秒針規制)が追加されたものが搭載されています。キャリバー222は、フランス空軍モデルのタイプ20(ブレゲ、ドダンヌ、エイラン)にも搭載されていますが、ハック機能は付いていません。そもそもクロノグラフのムーブメントにフライバックとハックが両方付いているものはほとんどなく、ドイツ軍の後継機であるホイヤーとジンに搭載されているキャリバー230くらいなのです。軍用時計ならでは機能でこれだけみても面白いです。こちらは委託品となりますが、当店で分解掃除をしてお渡ししますので、1年間の修理保証書が付属します。