ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代のメイン写真
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真1枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真2枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真3枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真4枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真5枚目
  • ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代の写真6枚目

ホイヤー 西ドイツ空軍 BUND Type.1550 SG フライバッククロノグラフ 1960年代

Stock No.

CW-D874

Brand

HEUER

Age

1960年代

Model

Type1550 SG

Material

SS

Size

径43mm

Caliber

Valjoux230

BandSize

20mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1967年になると、ハンハルト、ユンハンスに代わり、ホイヤーが制式クロノグラフを納入するようになりました。この時計はタイプ1550と呼ばれています。この1550はNATOコード「6645-12-146-3774」「6645-12-146-5081」「6645-12-148-2298」の3種類が存在します。最初のタイプは「1550 SG」で時計単体で調達、次は「1550 SGMA」、これはNATO革ベルト付きで調達され、ベルト付きを意味する「MA」が追記されました。最後は「1551 SGSZ」、ハンハルトのストップウオッチと共に調達され、「STEN ZEIT(恒星時)」の略である「SZ」が追記されました。今回のモデルは「1550 SG」で「3H」表記のない初期タイプ。個人的には「3H」表記がない方が渋くて好きですね。
この個体の面白いところは、裏蓋NATOコードの「6645-12-146-3774」が消され、「6645-12-340-9456」に訂正されていること。NATOコードの最初の「6645」の「66」は計測機器、検査機器を表すもので、そのうち、時計は「45」で規定されています。次の「12」はカントリーコードでドイツを表しています。その後の3桁、4桁の数字は軍が物資を調達する際に供給部から発行される番号で、数字が若い方が古いものとなっています。なんらかの理由で供給し直されていることを表しています。実際に軍で管理されていることが目で見て分かる、こういったことも軍用時計をコレクションする醍醐味の一つで、非常に面白いです。文字盤は、傷や汚れが見られない大変綺麗な状態です。ケースはミドルケースのベルト取り付け部分に微細な腐食跡が見られますが、ほとんど見えない部分なので、気にならないと思います。ベゼルのエッジに若干の塗装の剥がれが見らますが、良好な状態です。ムーブメントは、ハック、フライバック付きのバルジュー230を搭載しています。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。