チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代のメイン写真
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真1枚目
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真2枚目
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真3枚目
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真4枚目
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真5枚目
  • チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代の写真6枚目

チュチマ ミリタリークロノグラフ 西ドイツ空軍 BUND レマニア5100 1980年代

Stock No.

CW-D981

Brand

TUTIMA

Age

1980年代

Model

Military Chronograph

Material

SS

Size

縦44mm×横43mm

Caliber

Lemania5100

BandSize

20mm

税込価格

¥360,000

コメント

チュチマのミリタリークロノグラフ、西ドイツ空軍制式時計です。このモデルは1985年に西ドイツ空軍の制式時計として採用されましたが、一般にも同じモデルを販売していました。一般モデルと違う点は、裏蓋の表記です。「BUND」というのは、ドイツ連邦軍を表す「Bundeswehr」の略で、西ドイツ軍の官給品に表記されました。このモデルの前に採用されていた、ホイヤーやジンのクロノグラフは、「Bundeswehr」表記が多いですね。それから、裏蓋にはNATOコードが刻印されていますが、「12」はドイツを表しています。このモデルは1989年からヨーロッパに駐屯するNATOアメリカ空軍にも制式採用されていますが、裏蓋の表記は「US-Property」になっています。こちらで興味深いところではNATOコードに「12」がそのまま使用されているところです。搭載ムーブメントはレマニアのCal.5100ですが、当時、軍が要求した様々なスペックをクリアするムーブメントとして、最適であったようです。軍が要求したスペックとは、オートマチック(自動巻き)、24時間表示、12時間積算計、60分積算計(センターセコンド)、デイデイト、ハック機構ということです。また、パワーリザーブ45時間以上、日差-2秒~8秒、作動環境-40℃~8℃、10気圧防水、耐震装置付という条件もありました。たしかにこれだけの条件を満たすムーブは5100しかない気がします。このレマニアCal.5100は一般販売時計にも多く採用されていましたが、現在は生産中止されています。この丸っこいケース形状にも意味があるようで、パイロットが重装備した状態で、狭いコクピットの中で、過激な動きをしても支障ないようにしているとのこと。ケースの出っ張りやエッジをなくし、手袋をつけた状態でも容易にクロノグラフの操作ができるよう大型の特殊構造機構のボタンとなっています。文字盤は、傷や汚れがほとんどなく、大変綺麗な状態です。ケースは微細な小傷が見らますが、良好な状態。ムーブメントも綺麗です。こちらは、委託品となりますが、当店で分解掃除をしてお渡ししますので、1年間の修理保証書が付属します。