ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代のメイン写真
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真1枚目
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真2枚目
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真3枚目
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真4枚目
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真5枚目
  • ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代の写真6枚目

ロンジン オーストアリア空軍 RAAF G6B/158 1940年代

Stock No.

CW-E212

Brand

LONGINES

Age

1940年代

Model

RAAF G6B/158

Material

SS

Size

径32mm

Caliber

12.68N

BandSize

15.5mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1940年代にオーストラリア空軍に納入されたモデルです。これは、軍でリケースして使用したもので、製造数は少なく、市場では滅多に見られません。裏蓋にはR.A.A.F(ロイヤルオーストラリアン・エアフォース)と、空軍を表す「6B」の前にオーストラリア軍を示す「G」が加わった「G6B」の刻印があります。このリケースタイプはオメガでも見られます。「/158」は滅多にみられないコードです。オーストラリアはイギリスの植民地であったため、ブロードアローが刻印され、管理コードも似ています。文字盤は良い照りがあり、若干の経年変化はあるものの雰囲気は抜群。このモデル独特の針デザインも良いですね。綺麗なブルースチールです。ムーブメントは名機、キャリバー12.68Nを搭載。とても綺麗な仕上げをしています。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。