SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代のメイン写真
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真1枚目
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真2枚目
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真3枚目
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真4枚目
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真5枚目
  • SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代の写真6枚目

SWIM  レクタンギュラー 特殊防水ケース 1940年代

Stock No.

CW-A401

Brand

SWIM

Age

1940年代

Model

Rectangular

Material

SS

Size

縦33mm×横22mm

Caliber

・・・・・

BandSize

17mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1940年代の特殊防水ケースのレクタンギュラーです。この年代、時計メーカーは角型の時計をどうにか防水構造にしようと試行錯誤しました。角型防水ケースといえば、オメガのマリーンや4つビス防水ケースを思い浮かべますが、このモデルはとてもユニークな構造をしています。ケースは本体、ベゼル、ラグの3つにパーツが分かれています。まず、バケット型の本体にムーブメントがすっぽり入り、周囲に四角いパッキンが入ります。そのパッキンを傘型の風防で押さえます。ここまでは、4つビス防水ケースと同じ。この風防をベゼルが押さえ、密閉するのですが、そのベゼルを押さえるのがラグのパーツ。ベゼルはバネのようになっていて、ラグパーツの爪で上から押さえ、横からピンを刺して固定します。3つあるピンのうち、外れるのは真ん中の1つのみ、両サイドのピンはガイドです。このピンはベゼルにより、テンションが掛かっているので、簡単には抜けません。説明していてなんだか訳分からなくなってきましたが、6枚目の画像でなんとなく分かると思います。
まあ、こんな感じの面白い時計なのです。
このケースはワイラーも採用しています。文字盤上の「SWIM」は恐らく時計メーカーではなく、この時計に名づけられたネーミング。要するに「水泳でも使用できるほど、防水性能がありますよ~」と言いたかったのでしょう。憶測ですが・・・・。
デザインは非常に良いですね。文字盤もいい。何といっても、裏から見たケースのソリッド感がたまらないです。コンディションもいいです。文字盤は若干のニキビが発生していますが、大変綺麗な状態で、いい虹が出ています。ケースは小傷はありますが、しっかりとシェイプが残っています。革ベルトは当店のオリジナルコードバンベルト。
分解掃除後のお渡し。