ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代のメイン写真
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真1枚目
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真2枚目
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真3枚目
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真4枚目
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真5枚目
  • ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代の写真6枚目

ハミルトン ミリタリー アメリカ海軍 USN BUSHIPS UDT(水中爆破チーム) 1940年代

Stock No.

CW-A402

Brand

HAMILTON

Age

1940年代

Model

USN BUSHIPS

Material

クロームメッキ/SS

Size

径31mm

Caliber

987S

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

レアモデルの入荷です。
米海軍、USN BUSHIPSモデル。

1943年に地中海で活動していた米海軍設営大隊、通称「シービーズ」の隊員から募った志願者を中心に、最初の米海軍戦闘爆破チームが編成されました。やがて、部隊は太平洋戦域にも活動を広げ、それと共に名称も水中爆破チーム「UDT」に変更されました。
UDTの任務は、強襲上陸作戦に先立って、海中や海岸から機雷や障害物を取り除くことにありました。この任務にあたる水中工作員のために、ハミルトンはキャリバー987Sを特別の防水ケースに密封した特性の防水時計を開発しました。このケースは、リューズをを密閉するためのねじ込み式保護キャップが特徴でした。深度50フィート(約15m)まで使用が可能なこの時計は、潜水工作員がエアの残量をチェックするのに使用されました。
「軍用時計のすべて」より引用。

てな感じの特殊モデル。なかなか市場に出回ることはありません。
風防は交換していますが、その他はオリジナル。コットンベルトも当時の未使用品を装着しています。やはり防水性が高いのか、文字盤は若干のスレがあるものの。大変綺麗な状態です。
ケースはクロームメッキにSSバック、裏面に少々のメッキの剥がれがありますが、正面からだと見えないので、それほど気にならないと思います。
分解掃除済みで日差30秒程度で稼働中。