ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代のメイン写真
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真1枚目
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真2枚目
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真3枚目
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真4枚目
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真5枚目
  • ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代の写真6枚目

ミドー ダイレクトタイム ディスクデジタル ジャンピングアワー 鉄仮面 1930年代

Stock No.

CW-A407

Brand

MIDO

Age

1930年代

Model

DIRECT-TIME

Material

クロームメッキ

Size

縦30mm×横23.5mm

Caliber

116

BandSize

17mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

ミドーの通称「鉄仮面」です。モデル名は「ダイレクトタイム」。いわゆるディスクデジタルのジャンピングアワーです。ミニッツディスクが60になると瞬時にアワーディスクが回転し、数字が変わるので、このように呼ばれています。このタイプは、ロレックス、ブランパンなどの有名ブランドも製造していましたが、市場に出回ることはほとんどありません。このミドーもレア度はかなり高いです。1970年代にこの鉄仮面が流行り、さまざまなメーカーが製造しましたが、この年代のものですと、無名のモデルでもあまり見かけません。しかも、ムーブメントは丸型、ア・シールドやフォンテンメロンなど、エボーシュメーカーの通常の手巻きムーブを改良して作られています。ミドーが優れているのは、最初からジャンピングアワーのムーブメントとして設計されていること。改良型と違い、無理がない設計で、つくりがしっかりとした角ムーブなのです。また、デザインも素晴らしい。サイドステップのレイルウェイがデコ感を醸し出しています。セコンドディスクのデザインもいいですね。コレクターズアイテムですが、ファッションとして着用しても非常に面白いモデルと言えます。分解掃除後のお渡し。