ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代のメイン写真
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真1枚目
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真2枚目
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真3枚目
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真4枚目
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真5枚目
  • ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代の写真6枚目

ミドー 東京都ダイアル レクタンギュラー 防水ケース 1940年代

Stock No.

CW-A068

Brand

MIDO

Age

1940年代

Model

Rectangular

Material

SS

Size

縦24mm×横22.5mm

Caliber

800C

BandSize

16mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

ミドーの角型防水ケースの東京都ダイアル、レアモデルです。
レディスウオッチではないのですが、男性より女性が似合うモデルなので、レディスのカテゴリーに入れました。
 ミドーってあまり高い評価をされていないようなのですが、私はもっと評価して欲しいと常々思っています。
 どうしてか・・・なんといっても文字盤デザインのバリエーションの多さ、ケースは防水性能にもとても配慮されていて、グレードが高い、そして、昔、エルメスが販売していたという実績。マルチセンタークロノは人気が高いのですが、通常のマルチフォートはね・・・ちょっと小さいのが原因だと思います。という訳で女性にお勧めしたいのです。
 ミドーの文字盤はロレックスのバブルバック並みにバリエーションがあり、色もさまざま。
今回のカッパー色の東京都なんて、めちゃくちゃカワイイと思いませんか?
 アールデコのデザインはほんと、いいですよ。文字盤は多少ニキビが発生していますが、角度によっては見えないですし、汚い印象はないです。
 ケースの構造については、語っておかなければなりません。
 角型のケースというのは、防水構造にするのが難しい・・・ネジコミ式にできないからですが。当時、さまざまなブランドが防水構造にチャレンジしていました。オメガのマリーンなどはその典型といっていいです。
 このモデルでは、風防に傘型を使用し、そこにパッキンを入れ、上ケースと裏蓋をサイドにあるスライド式パーツで密閉することで、防水性能を確保しました。
この方法は、当時、モバードも採用していますが、なんとパテックフィリップでも使っています。
 なんかウンチクが多くて、小さいケースですが、男性も心躍ってしまうモデルです。