ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代のメイン写真
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真1枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真2枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真3枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真4枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真5枚目
  • ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代の写真6枚目

ロンジン ミリタリー チェコスロバキア空軍 ポーセリンダイアル 初期型 1930年代

Stock No.

CW-A641

Brand

LONGINES

Age

1930年代

Model

Military

Material

SS

Size

40mm×40mm

Caliber

15.94

BandSize

24mm

税込価格

SOLD OUT

コメント

1930年代にチェコスロバキア空軍が使用したロンジンのラージクッションモデルです。軍用なのに軍用らしくない非常に上品なデザイン。ケース径は40mmと大型で厚みがあるので、迫力はあります。
 今回の個体は、初期型で、ムーブメントはキャリバー15.94です。この機械は後に変更される、Cal.15.26、Cal.15.68Zと違って、ブリッジの形状、配列が美しいです。文字盤はブラックポーセリンです。初期型の針は短針の首が少し長いです。ケースは2種類あります。初期タイプは、ビス止め式とベロ付スナップがありますが、こちらはベロ付。ポーセリンダイアルはスチールダイアルと比べ、文字盤の厚みが厚いので、スチールタイプのケースをポーセリンタイプに入れると裏蓋が完全に閉まらず、回転ベゼルも回りません。つくりが若干違うんですよ。リューズは2種類あります。この個体のリューズは初期のタイプに見られるものです。軍当局所有を表す「MAJETEK VOJENSKE SPRAVY」の刻印は初期型には見られません。後に在庫には刻印したようなので、入っているものも存在します。ムーブメントのシリアル番号とケースのシリアル番号は一致しています。コンディションですが、肝心の文字盤は文字盤外周(ベゼルで隠れる部分)以外はクラック、ヘアラインは見られず、大変良い状態です。ケースは以前のポリッシュは見られますが、大きな傷はなく、大変綺麗な状態です。回転ベゼルもスムーズです。分解掃除後のお渡し。