オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給のメイン写真 オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給は現在商談中です。
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真1枚目
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真2枚目
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真3枚目
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真4枚目
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真5枚目
  • オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給の写真6枚目

オメガ イギリス空軍 Mk.7A A.M. 6B/159 1956年支給

Stock No.

CW-C370

Brand

OMEGA

Age

1956年支給

Model

Mk.7A 6B/159

Material

SS

Size

径36mm

Caliber

30T2 SC

BandSize

16.5mm

税込価格

¥350,000

コメント

第二次世界大戦でイギリス空軍が使用したマーク7Aをリケースして1956年に再支給したモデル。第二次世界大戦時に支給されたモデルは合金製(少数SSケースもありました)のスナップバックケースでした。イギリス国防省はケースメーカーに堅牢なステンレススチール製スクリューバックケースを製作させ、中身を組み込んだという訳です。このケースの風防はダーティダースシリーズ、IWCマーク11から受け継がれた構造で、傘風防をケースの内側から入れ、リングで止める構造となっています。不用意に風防が外れることがなく、防水性も高いです。また、ベゼルと文字盤の段差が大きいので、立体感があります。ゴツいつくりですので、ケース径36mmの割に大きく見えます。大戦当時、このマーク7Aはルクルトやロンジンがありましたが、これらも同じようにリケースして支給したと思われます(過去にロンジンのみ見たことがあります)。メーカーのオリジナルではないですが、軍用としてはアリという面白いモデルと言えます。文字盤は経年変化が見られますが、雰囲気は良いです。針はブルースチールで、とても綺麗な青色をしています。ケースは若干の小傷がありますが、エッジが残ったとても良い状態を維持しています。ムーブメントは状態が良いです。分解掃除済みで日差30秒程度で稼働しています。ベルトはフェニックス社のNATO G10ナイロンベルトを装着。カッコイイです。

このモデルの資料はこちら

http://curious-curio.jp/news/3773